逸たり奇たり

バカが頑張ってどうでもいい事を書きます。

GET WILD AND TOUGH

諸事情により何も書けない日が続きましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

昔、殺し屋だった時代にメンタルが弱すぎて『グラスハート』ってコードネームで呼ばれてた事のある僕です。覚えていますか?

http://getnews.jp/img/archives/2015/09/29d3bc99193cb0b837fb8cc53f050ae5.jpg

 

仕事のある日は汗と震えが止まらなくて銃を持つ手はブレブレでしたね。おかげでターゲットの近くにいた人間も流れ弾で死にまくったものです。

あれはほんとテヘペロだったな。

そんな過去のお茶目な一面を覗かせた所で次行ってみよう。

 

最近のアクティビティ

冬を目前にして、朝晩と冷え込む日が多くなりました。山の背に積雪が観測された所もあるようです。

そんな中で地元の友人らとキャンプを楽しんできました(と言っても10月上旬の話ですが)。

場所は前回に引き続き、またしてもニセコです。地元の友人と集まる場合、ニセコはあちらと札幌のちょうど中間地点なので集合しやすいんですよね。

http://static.wixstatic.com/media/8c434f_291c4641dbe74f59a647e94c1b8eade8.jpg_srz_1384_584_85_22_0.50_1.20_0.00_jpg_srz

場所はセゾンクラブ風の谷という所。何やら腐海を感じさせるネーミングですが、実際にはマスクなしでも生存可能な浄化された区域でした。どうも腐海の底に存在する場所のようで、ユパさまも驚愕しておられました。まあその後一人の小娘の手によって全て焼き払われてしまいましたが…

※焼き払われていません

 

f:id:gebyumahha:20161031230746j:plain

雨男多数でその威力を背中にビッシビシ感じながらもなんとかテント、タープを立てて一安心。友人の所有するLOGOSのでかいタープは6人ほどの人数ならサクッと収納してしまえる快適ギアでした。

寒い季節、最後にモノを言うのは結局ですね。

f:id:gebyumahha:20161031230516j:plain

空気穴とかもあるし、中で練炭炊いてもそう簡単に召される事はないんじゃないでしょうか。死ぬならやっぱり車内で盛大に焚き付けないとね☆

 

 各々食材を持ち寄り毎回豪快(適当)に調理する我々上ノ国の者ども。

f:id:gebyumahha:20161103230700j:plain

鮭のカットのクソでかさが我々のいい加減さをしみじみと物語っています。スモークやアクアパッツァに使われました。前日に釣ってきてくれた友人よありがとう。

 

f:id:gebyumahha:20161031230947j:plain

最近では以前までと違った趣向を凝らし始めている事に気が付きます。ダッチオーブンや燻製器を用いてみたり、コーヒーを豆から淹れてみたりと、意識の高い真似事をし始めたのです。調子に乗ってきたとも言えるでしょう。ただこれがなかなかどうしてバカにできません。これが大人のキャンプ…!おれ達はひとつ上のステージに立った!愚民(ノーキャンパー)どもを高台から見下す立場に!

ワンランク上の味に包まれた我々にものすごい無敵感が漂っていました…

 

 

 ☆おまけ☆

別の日、こちらは五天山公園でのBBQです。

f:id:gebyumahha:20161031231639j:plain

 こちらはベテランキャンパー監修による寄り合い。いちいちアイテムがかっこよかったり、オシャレなアヒージョ的な料理がサラッと出てきたりと、とにかく一挙手一投足がスマートの一言に尽きる…そんなシャレオツな催しでした。

それは先日の調子こいたキャンプで調子に乗った僕のグラスハートを粉々にGet Wildする威力。実際に打ち砕かれた破片は燃えないゴミの日に電池や鉄製品などと一緒に収集車に回収されていきました。アホか!もう二度とキャンプなんかやらねーよ!アホ!

※やります