読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逸たり奇たり

バカが頑張ってどうでもいい事を書きます。

気色悪い実験

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/tsuruno34_TP_V.jpg

頭の中を色々なものがよぎるのです。

 いや、当たり前じゃん!そう当たり前ですよね。常に悟りの境地に達しながら生活してる人なんて有史以来数えるほどしか存在しないでしょうね。そうじゃなくて、集中ができないレベルで色々なものがよぎるんですよ。

目の前で会話しているにも関わらず楽天パンダのCMがエンドレスでよぎり続けたり、周りの刺激(特に音)に引きづられてヤルべきことに集中できないとかそんなレベル。

取捨選択とかいうごく当たり前の行動がなかなかできないわけです。センサーがブッ壊れているようなんですね。勝手に反応してしまうんですから。おかげでいつも頭の中はパーリーナイ。ぱぴっぷぺぽっぱぷぅ~~~って聖恵も言ってたけどあれは事実だし現に今思考の波があっちゃ行ってこっちゃ行ってるのを自由にタイピングしてみたらとりとめのない当たり障りのない文章がとめどなく淀み無くスラスラと一本糞のようにモニターに映し出されていました。僕はこの現象を『ふんばりが丘』と名付けて大事に大事に懐にしまい、墓まで持っていこうと決めました。あっ、公開しちゃったわ。

 

ほっとくとこんな怖い文章を一心不乱に書き続けている自分がいて、空恐ろしくなります。というかもしかしてこれって僕が知らないだけで普通なんでしょうか?みんな頭の中で考えたいことだけ考えられるのが普通なんだと思っていたので、考えたい事になかなか集中できないこの頭がおかしいんじゃないかとずーーーーーっと思っているんですが、比較する対象がないため検証できないんですよね。

なので、文章を書くという事は頭の中を整理するのにもってこいの手段なのです僕にとっては。頭の中をよぎっては通り過ぎ、よぎっては追い越していく。そんな一瞬前の事すら覚えていられないほどのパーリーナイサーキットを整理する手段として有効なのは言うまでもないのです。なぜなら書いた事は今自分が考えていた事であり、それを文章に起こし視覚化する事によって思考の前後が関連付けやすくなるから。というかこうでもしないと自分が何を考えてどういう事を言いたいのかもよくわからないのです。こう書くとほんと自分やべえなと思う。

 

何が言いたいかというと、僕にとって字を書くことは精神衛生的な面を正常(?)に保つための手段として有効であるという事をただ無闇につぶやきたかっただけなのと、思った事を思ったように文章に綴るとどのくらいの時間で書き上げられるのか、どんな生々しい文章になるのかという実験も兼ねているという事のトリプルスタンダードなのでしたー!パフパフー!

 

ここまでバーっと書いて30分くらいでした。編集なしの散文なので非常に読みにくいと思います。本来ならある程度書き上げた時点で何度も推敲が入るのですが、今回は実験のためそのまま公開する事にしました。文章の繋がりから構成からかなり支離滅裂で非常に生々しい文章が書き上がってしまって自分で気持ち悪いです。ものすごい編集かけたい感がMAXです。でも今回の記事を後々読み返した際に今後の戒めになるんじゃないかなと勝手に思っているので、このままイキます。

それにしてもこれ公開するの勇気いるな…