逸たり奇たり

バカが頑張ってどうでもいい事を書きます。

囚人はいつしか囚われている事を意識しなくなる

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/tsuyoshi-18_TP_V.jpg

前回の更新からもう一ヶ月以上経ってしまっていてアレですが、覚えておられますか?そうですいまだに一人称の定まらないおれです。ゴミムシです。

 

定期的に更新などと偉そうな事ばっかり公言する割に行動が伴っておらず、痛恨の極みでございます。かっこよく言うとスランプに陥っていました。

ブログを書くにあたって『面白い記事を書かなければいけない』という強烈な自己プレッシャーが日に日に増大していくのを感じ、勝手に自滅していった次第です。

そもそもこのブログ、誰にも何も強制、強要されてもいないし、ただただ自己満足を垂れ流すだけの掃き溜めとしての役割だったはず。それが自分の中でいつしか崇高な使命であるかのように位置づけられていったのは、ひとえに他人との結びつきを意識したためではないかと思われます。

自分には何もない…日頃からそんな鬱屈した精神を抱えた人間が多少なりとも自分の存在を肯定するためにする事は何か。それは自分のした事で他人の心に何かを残す事です。

様々な形で顕在化するそれは時に人を楽しませ、時に人を傷付けもします。おれの場合はたまたま人を傷付けない(であろう)方法だっただけです。

無い脳味噌を捻り上げて作り出したものに対し、多少なりとも反応があると心が躍るのです。事実はどうであれ必要とされている気がして。

その一連の流れが今の自分にできる精一杯で構成されていなくてはいけない。

↑今思えばこれが失敗の元でした。仕事ならまだしも、自由なコンセプトに対しては本末転倒そのものです。この錯覚が根底にこびりつき始めると自分の中で妥協が許されなくなってくるのです。ワンセンテンスの伝わり方を数時間かけて悩みぬいた事もありました。そうして視野がどんどん狭まっていく事に気付きもしない。そのうち身動きとれなくなってジ・エンド。

いわゆるひとつの悪循環。これがスランプの正体ですね。腐った闇の底を布切れ一枚でうろうろしてるおれはどれほど滑稽な存在だったでしょう。

 

…と、そんな中。きっかけのひとつもあれば抜け出せるってのもまた人間。

坂爪圭吾さんのいばや通信を読んでいたら、ガーーーンと。後頭部をバールのようなもので殴られたような衝撃が走りました。取るに足らない小さな悩みで限りある人生を無駄に消耗してたんだなーと思い知らされましたね。

ibaya.hatenablog.com

 

この人みたいには到底なれないし、おれがこの人みたいになる必要も全くないんだけど、こんな精神的な充実を味わってみたいと思わせる人ですね。人間としての完成度が尋常でない。

そんないい影響を受けて、おれの文字を起こす手も心なしか軽快です。

好きなこと好きなように書けばいいじゃない。

そう言ってもらえたような、そんなような。

 

おかげでまたウンコチンコのろくでもない記事が書けそうですわ。

やったぜ!オ◯◯コーーーーー!!!

(早速やらかしました)